廃車のふたつの区別

廃車のふたつの区別


新着情報

◎2017/10/12

廃車基準は走行距離で決める?
の情報を更新しました。

◎2017/6/12

廃車手続きの必要書類
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

再ニーズがあります
の情報を更新しました。

「車 燃費」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@9_sansan他1人 ATなら、32(スポーツ)じゃなくて72(1.2L)でも良いのではないかという気がしなくもない。 2WD重1t切るのもあるし(重量税が2万/2年くらい安い)、燃費もいい。 ZC○2SスイフトのATはCVTだから好みの問題もあるけど…。

Twitter se_seri seri@8輪440ウマ

返信 リツイート 23秒前

ライブで遠出するときに荷物載せたりしたいし燃費も維持費も体も安いとなるとやはりウイングロードか……ッ あとアコードワゴンとアテンザスポーツワゴンとインプレッサスポーツワゴン辺りかなぁ…アコードとアテンザは排気量がデカくて税金やばいからインプかウイングロードになるな…

Twitter uta_ruby_kotori うたメンバー

返信 リツイート 14分前

若さんは、MAX350km/hまで出て、しかし普段の燃費は日本並、排気音も静かなハイブリッドカーで、カーブも全くよろけず、技術の粋を集めて作られたような安全対策まで付いている、痛だから。 (森林苗木)

今のはMTよりCVTの方が燃費いいらしいしね

Twitter archanpoke あーちゃん

返信 リツイート 41分前

明日からガソリンがリッター5円上がるようです。 商品先物も1ガロン70ドルに届きそうで、まだ高騰しそうです。 燃費の良くないには、困った事です。 pic.twitter.com/myS4W0YkUw

Twitter p3etigo 越後のリボン

返信 リツイート 44分前

返信先:@UNKOtaberu0 大地くんの燃費がうんこなだけ

Twitter krin6ri かつゆき

返信 リツイート 46分前

燃費とかどうでもいいから競技仕様のもう一回やってほしいな…三菱…

Twitter ogi_alto おぎ茶〄

返信 リツイート 47分前

マニュアルのスイスポ試乗してきた。 やっぱりマニュアルはたーのしー。 エンジンも今時の低燃費志向のトルクだけのエンジンじゃなく、廻して楽しいエンジン。 ボディ剛性も有って良いけど、ハンドリングは満足できなかったわ。

Twitter Batan_Q きゅう。

返信 リツイート 54分前

お前よ…燃費悪いとかまず嫌やろ…?あと、あれ、自分からはの外見見れないから、乗り心地が最優先ね。

ミライースのリアコンビランプの上の斜めのデザイン。 これがあるのと無いのでは空気の流れが変わって走りや燃費に影響してくるんですって。 凄いですね💫 そしてミライース、試乗したけどガッチリしたでした💪 剛性感、従来の軽のイメージじゃないですよ。 pic.twitter.com/YFzZMFHlhw

Twitter RMkkZBEg3SM3iGp たびびと-茨城では国道6号線はろっこくと呼びます

返信 リツイート 15:00


車の燃費を向上させる走り方について

車の燃費を向上させる走り方について  
昨今の車はハイブリッド化やアイドリングストップ機能を備え、燃費を向上させています。
一方で、従来のガソリン車でも、考え方や走り方を少し変えるだけでガソリンの消費を抑えることにつながります。
まず自車の実際の燃費を計算し、毎度記録に残しましょう。
 記録に残していくことで、自然と改善をしようという考えに変わっていきます。
  現在ではスマートフォンなどで便利な記録アプリが出回っているため、記録はとりやすい環境にあるため有効です。
適度なエンジン回転数で必要最低限の速度まで素早く加速することも、ガソリンを無駄に消費せずに済むドライビングテクニックです。
  そして次の信号が赤に変わったことが確認できた場合、素早く出した速度を利用して惰性で進んでいきましょう。
 そうすれば、エンジンを常に回転させずに停車することができます。
ゆっくり速度を上げていくよりも、ガソリン消費にとって効率の良い走り方となります。
また、寒い季節は燃費が低下します。
そこで暖機運転をせずに、ゆるやかに走り始めることも燃費向上につながります。

車の排気量について

車の排気量は、エンジンの大きさを示す値を意味し、クランクシャフトが1回転する時にシリンダー内に吸入する混合ガスの容積で、正確な単位はcm³ですが、一般的にはccやLで表します。
算出方法は、シリンダーの半径×半径×円周率×ストローク量で求められ、これに気筒数を掛けた値を総排気量と呼び、排気量が大きくなるとエンジン出力やトルクが増えるますが、燃費が悪化する傾向にあります。
排気量による分類は、660cc以下で全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下が軽自動車で黄色ナンバーとなり、2000cc以下のガソリンエンジンで全長4.7m、全幅1.7m、全高2.0m以下が小型自動車で基本的に白の5ナンバーとなり、この基準を1項目でも超えると普通自動車で白の3ナンバーとなります。
また、エンジンの種類によって納税額が異なり、1000ccから500cc刻みで徐々に高くなり、6000ccを超えると一定の金額となります。


ページトップへ